【写真有り】1歳児の虫刺され、ここまで腫れるとは!初めてで心配しました。

こんにちは、chi_roro⊂((・x・))⊃です。

1歳5ヶ月の息子が、公園で遊んで帰ってきて、
手の甲が虫に刺されているなと手を洗っている時に気付いたのですが‼

数時間後に、手がパンパンになってしまって驚きました。

初めてのことで、どうしたらいいのか、心配してしまったので写真付きでレポします。

1歳すぎると、活発に歩きはじめ、外遊びが増えてくるので、
みんなが一度は経験しているのかな?と思います。

手がパンパンに腫れてしまってネットで検索

昼に公園で遊んだ後、
夜、息子の手がパンパンになってしまっていることに気づきました。

↓動いて動いて、嫌がって写真に収めるのが、大変でした、背景が汚いことは見逃してください〜😂



chi_roro

右手の甲が肉団子のようにパンパンに腫れてしまっています💦💦💦

虫に刺されている形跡があったけど、ここまで腫れる?とすごく不安になってしまいました。
外によく連れて行くからというのもありますが、うちの子はかなり色黒です。。。笑
赤みとかが分かりにくいので、それもまた親の不安を煽ります…

最悪のケースも考え、ネットで検索。。。😂
恐ろしい事ばかりが書いてあります。

むくみ→腎臓悪い、川崎病、骨折

とか😂

chi_roro

でも、息子は右手以外腫れてないんだよな、物を握ったり普通にしているな。
と思いつつ、いろんな可能性を却下。
やはり、虫刺されでOKなのか?

と…
痒がってないのに。と不思議な点もありましたが、
夜だったので、救急に行くほどでもなさそうだと思い、翌日皮膚科を受診。

皮膚科で虫刺されということに

先生に見せると、もう秒で…

虫刺されですね。

公園で遊んでいた、避けようがありません。と言われてしまいました😅
体質によって、蚊がよってくる人と、よってこない人がいるからしょうがないと😂

子供は、これだけ腫れてもおかしくない。

痒みは、翌日から出ることが多いそうです。

とのことで、飲み薬(粉薬)と外用薬を処方されました‼

chi_roro

子どもが虫刺されを掻かないようにするのは、至難の技です。。
虫刺されから「とびひ」になることもあるので、
きちんと皮膚科や小児科を受診して治療するのがいいと思います。

外遊びでの虫刺され対策と紫外線対策

1歳過ぎには、特に男児は体力が有り余ってしまい、家の中で色々と悪さをします😂

もう、日中、外や広い場所に連れて行かざるを得ません…
まだ1歳だと日本脳炎の予防接種してないし…
蚊に刺されないようにしないといけません…

そうなると大切なのは、虫刺され対策と紫外線対策。
我が家の対策をご紹介します😌

虫刺され対策

  • 肌の露出がなるべく少ない服を選ぶ(夏はなかなか難しい)
  • 池や川の近く等の水辺、藪の中など、虫に刺されるリスクが高い場所は避ける
  • 虫除けを利用

↓この様な、服に直接貼るタイプが便利で利用しています。刺された日は、着けてませんでした😂

理想は、長袖、長ズボン、帽子着用といきたいところですが、蚊などが活動し始める初夏から秋ごろまでは、暑いので、熱中症のリスクもあり😢無理です…

↓紫外線対策としてはこちらを持ち歩き、外で塗り直し用として今年から利用するつもりです。
まだ、注文してから届いていないのですが、口コミがすごくよいやつです♪

紫外線予報 さらさらUVスティック 日焼け止め 15g

紫外線予報 さらさらUVスティック 日焼け止め 15g

3,078円(09/28 22:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

なんと、石鹸で落ちるのにウォータープルーフだし、SPF50だし、文句なしの紫外線対策♪
服にもつかない、サラサラな使い心地らしいです♪

使うのが楽しみ♪
手に出した液体を、子どもに塗るのって…おとなしい子じゃないと、大変なので😂
スティックタイプならスプレーよりも安全に塗れるんじゃないかと期待しています😉

chi_roro⊂((・x・))⊃

 

コメントを残す