贅沢なトリュフヌードルが楽しめる”銀座ル・コチア”

スポンサーリンク

こんにちはchi_roro⊂((・x・))⊃です。

まだ東京に居た頃にグルメな上司に連れてきてもらったお店をご紹介 
来店したのは、確か4月くらいかな笑…
ずっと書こう書こうと思いつつ怠けてました~ こちらは歌舞伎座から歩いてすぐ、
ほんとすぐの「銀座ル・コチア」さんです https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13198496/

美味しさは抜群なのですが、
メディアでは贅沢なトリュフラーメンのお店として有名です  
たくさんの芸能人の方もプライベートでも、番組取材でも来店しているそうで 
(誰なのか気になりますね~  

もしかしたら遭遇することもあるかもしれませんね笑

chi_roro⊂((・x・))⊃もトリュフラーメンが食べたくてワクワクしながら行きました~ 

連れて行ってもらったので全然メニューも見ていないので 
お値段も料理名もきちんと把握しておりません…   

常連さんなので、もしやメニューに無いものかもしれません…
あしからず…

でも、グラスワインは¥1200~ということが食べログに書いてありました笑
結構いいお値段ですね 
ちょっと、飲み物代で幾らかかってしまうか分からない不安があります  

20代の若造がフラッと入るタイプのお店ではありません笑
あと、ビルの3階なので入るのも勇気が入りますね 

ちなみにワイン以外の飲み物はありませんでした~ 
お酒の弱い旦那さんピンチ 
旦那さんに注がれたお酒はすべてchi_roro⊂((・x・))⊃の胃袋へ   

という話は置いておいて 
グルメな常連さん上司が、是非食べてほしいというのが、こちらの一品 

鳥もも肉のコンフィかな 

もも肉ってパサパサなイメージがあるのですが、
全然ぱさぱさじゃないんですよ 

火の通し方にポイントがあるらしいですね~
さすがシェフがこだわっています
食材の扱い方一つで、別物を作り上げてしまうのですね~

熱く語って頂きましたが、自宅では手間暇かけすぎなので
chi_roro⊂((・x・))⊃は作りません 

こちらは多分自家製ピクルス

ピクルスってあんまり普段頼んだことないんですよね~
でも、シャキシャキ感を残しながらもしっかり味がついていて美味しい 

お待ちかねのトリュフヌードル 

運ばれてくると、トリュフの匂いが~
すごい   

ちなみにこんなに小さいの と誤解を受けてしまうといけないので
お知らせしますが 

こちらハーフサイズです 

特別に作って頂いたので、多分通常は提供していないのじゃないかと思われます。
皆様は、わがまま言わないでくださいね 

で、本来ゆっくり楽しむフレンチに伸びやすいラーメンって合わないんですよね~ 

食事してる間に、伸びちゃうじゃん

という事になりますよね~~
ラーメン屋さんのように、ぱっと食べてさっと帰りたい訳じゃないし 

でも、こちらの麺はすぐに食べなくても安心なんですよ~

伸びにくい自社開発麺を使っているのです  

パスタのセモリナ粉と
ラーメンの小麦粉とのハイブリット麺をオリーブオイルでこねた
コシの強い麺です。時間が経っても伸びにくいという 

これぞ、パスタとラーメンのいいとこ取り 

確かに、パスタのようなコシもあり、でもラーメンのように少し縮れてる
なんとも不思議なハイブリット麺でした 

スープパスタか 
という様に皆さんは思うかもしれませんね 

でも、ぜーんぜん違いますよ 

麺の食感も違いますし、スープも鶏ガラ 
(といっても、ラーメン屋とは一線を画すフレンチシェフの鶏ガラスープ 
これだけでも、大変満足できる一品なのですが

半分ほど食べ終わると、そこに生クリームを入れていきます 

生クリームもシェフがちゃんと適量を量り入れてくれているので、全部入れちゃってください 

ほら、スープが見た目も別物ですよね  

これは、めっちゃ美味しい 
私は、クリーム系のパスタが好きっていう好みもあるのですが 鶏ガラスープに足すので、あっさりでもクリーミー。
でも、出汁がすごい効いているのでほんとに美味しい フランスパンが添えてあるのはこのスープに浸して食べるためですよ 
一滴も残さずに食べたくなるラーメンなんて初めてです 

おっと失礼 
ラーメンではなく、「ヌードル」でしたね 皆様も是非、新感覚且つ、贅沢なトリュフヌードルご賞味あれ ちなみにランチ営業もしていて、ランチはトリュフヌードルのみみたいです🎵

あと、トリュフおにぎりめっちゃ美味しかった  
それもオススメ   

銀座で、背伸びしたいならこの「ル・コチア」オススメかもしれません 

chi_roro⊂((・x・))⊃

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう